Read Article

高尿酸血症

高尿酸血症

高尿酸血症とは?

・血液中の尿酸の濃度が高い状態で、痛風の原因になります。
→内臓脂肪が蓄積されることにより、遊離脂肪酸(脂肪が分解され、血液の中に溶け出したもの)が通常よりも多く分泌されることが原因に一部関与しているとされます。遊離脂肪酸が肝臓に運ばれると、プリン体が肝臓で代謝され、尿酸ができます。
・原因としては、内臓脂肪の蓄積のほか、腎不全、白血病、骨髄腫が原因となることもあります。
・日本での患者数は、500万人以上と報告されており、男性におおく、メタボリックシンドロームの人の7割が高尿酸血症を持っていると言われています。

症状

・痛風発作として関節が腫れ、強い痛みが出ることがあります。
→大体、発作から1日後が、痛みのピークで2週間程度で症状はおさまります。
・痛風が進行すると痛風結節(関節の周りがこぶのように腫れる)、尿路結石、腎臓の障害を引き起こします。

検査・診断

・血液検査で尿酸値の測定をします。

治療

・内服薬で尿酸値を下げることが可能ですが基本は食生活の改善とされています。

参考

メドレー

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top