Read Article

脂質異常症

脂質異常症

脂質異常症(高脂血症)とは?

・大きくは以下の3つのパターンに分類されます。
①悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が多い
②善玉コレステロール(HDLコレステロール)が少ない
③トリグリセリド(中性脂肪)が多い
※総コレステロールやLDLコレステロール、中性脂肪が低いものについては脂質異常症には含まれない
これらに関しては原則的に治療は必要はありません。
・原因としては2つのタイプがあります
→原発性脂質異常症(遺伝によって起こるタイプで、家族性高コレステロール血症が代表的)と二次性脂質異常症(他の病気や薬が原因で起こるタイプ)です。殆どの方が二次性脂質異常症でしょう。二次性脂質異常症の原因としては生活習慣が多いですが、その他にも甲状腺機能低下症やステロイドの影響等様々な原因がありますので、医師による診察が必要です。

症状

・脂質異常症そのものが症状を起こすことはほとんどありません。脂質異常症は色々な病気を起こしやすくします。
→脂質異常症が引き起こす病気としては、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、胆石症があります。

検査・診断

・血液検査でコレステロールや中性脂肪の血中濃度を調べることができます。
・医師の診察により脂質異常症のさらなる原因検索が必要になる場合は、追加の血液検査等をすることもあります。

治療

・治療の第一目的とされることが多いのは、LDLコレステロールを下げることです。
→LDLコレステロールの値を低下させることによって、様々な病気の発生率が低下することが示されているからです。
※HDLコレステロールやトリグリセリドに関しては、LDLコレステロールの値を正常にすると、一緒に正常になることも多いです。
・LDLコレステロールの目標値としては、以下の2種類がありますが、低ければ低いほどよいとも言われています。
①過去に脳梗塞や虚血性心疾患などの病気をしたことがある患者は100mg/dL以下
②脳梗塞や虚血性心疾患のリスクが高いと考えられる患者は120mg/dL以下
・治療の最初のステップは、生活習慣の改善です。
まず運動療法です。ウォーキングなどの有酸素運動が推奨されています。
・生活習慣の改善でLDLコレステロールが十分下がらない場合や、何らかの事情で生活習慣の改善が困難である場合には内服薬を使用します。
→スタチンという種類の薬を内服することが多いです。その他にEPA製剤(魚から取れる油の一種)を内服することもあります。
※最先端の医学では、食事に含まれるコレステロールを少なくすることはあまり意味がないのではと言われています。

参考

メドレー

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top