Read Article

高血圧症

高血圧症

高血圧とは?

・血圧が正常値より高い状態が続いていることです。
→医学的には、「収縮期血圧が140mmHg以上」または、「拡張期血圧が90mmHg以上」を満たすと診断されます。
・高血圧の80~90%は本態性高血圧と呼ばれ、生活習慣が土台となります。
→残りの10~20%は他の病気が原因で起こります(二次性高血圧症)。
・高血圧そのものはほとんどの場合症状を起こしませんが、命に関わるような様々な病気を起こしやすくなるので治療が必要です。
→関わる病気としては、脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞、TIA)、心不全、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、腎障害(細動脈性腎硬化症)などがあります。

症状

・高血圧そのものが症状を起こすことはほとんどありません。ただ、臨床をしていてよく出会うのは高血圧による「めまい」があります。
→悪性高血圧症(血圧が異常に高い状態)になると、高血圧性脳症などを起こす事がありますので、注意が必要です。

検査・診断

・医師の診察の結果、必要性に応じて他の病気が背景にある、二次性高血圧ではないことを確認することが必要です。
→検査としては、血圧測定、血液検査(腎臓やホルモンの働きなどを調べる)、尿検査、画像検査(血圧を上げるようなホルモンを出す腫瘍を調べる)があります。

治療

・まずは生活習慣の改善が第一です。
→具体的には減塩、運動、禁煙、野菜果物をよく食べる、ダイエット、酒は控えめに等です。
・生活習慣の改善だけでは高血圧が改善されない場合は薬による治療を行います。

参考HP

メドレー

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top